« 洋菓子コースで林檎のタルト | トップページ | アップルロール&チョコナッツロール »

タルト・オ・アルザス②

昨日は、タルト・オ・アルザスのレッスン2日目。

洋菓子クラスが続きます。


       Imgp99502

タルト・オ・アルザスは、タルトリングで焼いています。

タルト型でも、もちろん出来ますが、

タルトリングは、底の火通りが良いのが魅力です。


サクッと焼けたタルトに、ジュシーな林檎。

とっても好評でした。


タルト生地は、前日のうちに仕込んだものを使っています。


お菓子作りは、パンのように発酵時間は要りませんが、

生地を寝かしたり、

冷却したり、という時間が結構かかります。


一つのお菓子を一気に作ろうとすると、

パン作り以上に時間がかかることもしばしばです。


キッチンに立ったついでに、仕込みだけしておくとか、

前日にベースだけ作っておくなど、

分けて作業すると、ずいぶんと楽になります。


途中の段階で冷凍しておくことも可能なので、

待ったなしのパンより作りやすいのかもしれませんね。



いつもポチッと応援ありがとうございます♪

にほんブログ村 料理ブログ パン教室へ
にほんブログ村

趣味ぶろ パン作り教室ブログランキング

« 洋菓子コースで林檎のタルト | トップページ | アップルロール&チョコナッツロール »

コメント

お菓子コース始まったのですね。

リンゴの季節、美味しそうです。
リングはあるのにまだ未使用のままです。
使ってみようかなあ~~

私も昨日はタルト・オ・ポムでしたが、
パートシュクレ生地でした。

Re:pommeさん
お菓子コースやパートⅡのスタートがあり、
またまた型が増えてしまいました。
タルト型はサイズ違いで色々持っていたところに、今度はリングです。
収納に収まりきれなくなって、どうしましょ・・(笑)
でもタルトリングは、火通りが良くて形もスッキリして、
すっかり気に入りました。

シュクレの林檎タルトも美味しそう~。


コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 洋菓子コースで林檎のタルト | トップページ | アップルロール&チョコナッツロール »