« 1月の単発~クグロフ・オ・ショコラとアマンドフィセル | トップページ | クリスマスケーキ(フロマージュ) »

クリストシュトーレン&マンデルシュトーレン&ポルボロン

今日は中級クラスのレッスン。

12月は、ドイツのクリスマスパン(菓子)シュトーレンを2種類作ります。

  Imgp44422

まずは、マンデルシュトーレン

木の実のシュトーレンです。

  Imgp44462

そして、クリストシュトーレンです。

キリストの生誕を祝って、

おくるみに包まれたイエスの形を表してると言われるシュトーレン。

お祝いのパン(お菓子)だけあって、

木の実やフルーツがたくさん入ってリッチです。

  Imgp44452

焼きあがったら、ブランデーやバターをたっぷりと浸み込ませ、

粉砂糖を振って仕上げます。

  Imgp44532_2

お楽しみメニューは、ポルボロン

スペインのクリスマスクッキーです。

口に入れると、ホロリと崩れてしまいます。

月に1回ペースで来て頂いてる生徒さんが多いので、

次にお会いするのは、もう年明け・・

ということで、

このところ、『良いお年を♪』の、ご挨拶が行き交います。

でも、この言葉を聞くと、何だかちょっと焦ってしまうのは私だけでしょうか。。

1年365日、めぐりめぐるのは同じはずなのに、

年の瀬だけは、なぜか妙な区切りをつけてしまって、

やり残したことを少しでも片付けてしまおうと、躍起になってしまうのです。

年が明けると、憑き物が落ちたみたいに

まっ、いっか~・・って思えるのですから、妙なものです。

にほんブログ村 料理ブログ パン教室へ
にほんブログ村

趣味ぶろ パン作り教室ブログランキング

« 1月の単発~クグロフ・オ・ショコラとアマンドフィセル | トップページ | クリスマスケーキ(フロマージュ) »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 1月の単発~クグロフ・オ・ショコラとアマンドフィセル | トップページ | クリスマスケーキ(フロマージュ) »