« パネトーネ&イングリッシュマフィン | トップページ | パンがいっぱい~ »

クリストシュトーレン&マンデルシュトーレン⑤

Dscf49032

年内最後の教室です。シュトーレンも教室で作るのはこれで終わり。後は自分の分を作らなくちゃ・・。

・・という訳で、夕方からまたシュトーレンをせっせと焼きました。明日も朝からたくさんパンを焼く予定。友人や親戚に送ったり、配らなきゃいけない所がたくさんあるもんで・・。

« パネトーネ&イングリッシュマフィン | トップページ | パンがいっぱい~ »

コメント

こんばんは☆ 私は11月にシュトーレンを作り始めてちょっぴり飽きてきました。教室ではそんなこと言ってられませんよね~。粉糖がいつまでも(というか長時間)生地に溶けないようにするにはどうされていますか? 私はプレゼントする時は小さな別袋にいれて食べるときに粉雪のようにふってね! とメッセージを添えたりしていましたけど・・・ でもこのままの状態で届けたいときもあります・・明日から3連休私も最後のシュトーレン焼きたくなりました(がんばる)。

Re:まめこさん
こんばんは☆まめこさん。
粉砂糖は確かに困りますね。
これでもかって言うほど振っても翌日には消えてきてしまいますものね。
私もプレゼントの時は小袋の粉砂糖を添えますが、他には特にこれといった秘策はありません。
粉砂糖の前に極細グラニュー糖を振ると、多少は良い様にも思いますが、それでも消えます。
溶けない(溶けにくい・・だったかな)粉砂糖って言うのも出回っていますが、あんまり好きでないので使っていません。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/113220/17431454

この記事へのトラックバック一覧です: クリストシュトーレン&マンデルシュトーレン⑤:

« パネトーネ&イングリッシュマフィン | トップページ | パンがいっぱい~ »