« 2007年8月 | トップページ | 2007年10月 »

食パン(天然酵母)

Dscf42092

シンプルな食パンです。国産小麦なのでクラムの色が少しグレーがかっています。酵母はホシノをスターターにして継いでるルバン種を使用。外出から帰宅が遅れて、一次発酵を長く取りすぎたので心配しましたが、何とかぎりぎりセーフのようです。

かぼちゃパン

Dscf42102

メッシュ型で焼いたかぼちゃパンです。黒っぽくポツポツ見えるのはかぼちゃの皮。蒸したかぼちゃを皮ごとたっぷり入れています。スライスするとかぼちゃ色が鮮やか!

クリームパン&コルネ

Dscf41162

初級クラスでクリームパンコルネを焼きました。お楽しみメニューはロールケーキでした。今日のメニューはどれもあま甘・・。なので、試食用のコルネはエッグサラダをつめて頂きました。

パン作りを始めたばかりのクラスなので、一つ一つに驚きと感激の叫び(?)をあげてくれて、とっても楽しそう。それとも盛り上げ上手なのかしら。私の方も楽しませてもらっています。

テーブルロール

Dscf41072

編みパン成型(一本編み)でテーブルロールを焼きました。 教室のレシピ用に成型の写真を撮りたかったので、アレコレやってたら生地がちょっと乾き気味になってしまいました。教室でも、慣れないと成型に時間がかかるので、生地の乾きには要注意です。

Dscf41022

シナモンプッラ&カルツォーネ

Dscf40942

今日のメニューは、シナモンプッラカルツォーネ。そしてお楽しみメニューでアーモンドビスコッティを焼きました。

シナモンプッラは大きく四角に伸ばして成型、カルツォーネは丸く伸ばします。四角くする方法、丸くする方法、それぞれ麺棒のかけ方があります。それでも、慣れないと思うように行かず、四角のつもりが丸くなり、丸のつもりが四角くなって・・・なんて事も。でも、ちゃんと美味しく出来たのでハナマルです。

おはぎ

Dscf40892

お彼岸です。川原の土手に真っ赤な彼岸花が咲いていました。おはぎを作って、両方の母のところに届けてきました。

私は粒あんが好きなのですが、夫の母は漉し餡派なので、今日のあんこは「漉し餡もどき」(インチキ漉し餡?)にしました。何がインチキかって言うと、さらし餡を作らず、粒のままの煮た小豆をバーミックスにかけて粉砕し、ざるで濾して餡に煮たものだから・・。よく見ると小豆の皮のかけらが餡の中で光っていますが、口当たりはすっかり漉し餡風です。

バタール(ヨーグルト酵母)

Dscf40732

今日はバタール焼きました。自家製ヨーグルト酵母、まだ健在です。発酵温度が高いと酸味が出やすいのですが、少し涼しくなってきたので作り易くなりました。

レーズンツイスト&オニオンベーコン

Dscf40462

今日は中級クラスでレーズンツイスト(右)とオニオンベーコン(左)を焼きました。レーズンツイストはシナモンが効いたレーズンたっぷりの食パン。オニオンベーコンは、玉ねぎとベーコンを混ぜ込んで、ミニ食パン型で焼いています。玉ねぎの甘味とベーコンに塩気が美味しいパンです。

動物パン&セサミバンズ・・&ちびっ子

Dscf40262

今日は動物パンセサミバンズを作りました。皆さん赤ちゃん連れでの参加なので、途中で抜けたりしながら何とか出来上がりました。いろんな表情が可愛い動物たちが完成です。

Dscf40252

赤ちゃんといっても、いつまでもネンネしてる訳じゃありません。だんだん行動範囲が広がってきてるので、危険が無いように注意しなくては・・。

Dscf40152

いたずらを避けるためワゴンの中を空にしておいたら、あらら・・誰か入ってますよ~!出れなくなってべそかき顔。それがまた可愛いので、助けるより前にパチリ!とカメラに収めました。ゴメンネ!

Dscf40192

ワタシハ、ミルクタイム・・・

ポテトブレッド&ココアブレッド

Dscf40132

上級クラスでポテトブレッドココアブレッドを焼きました。お楽しみメニューはさつまプリンです。さつまプリンはさつまパウダーを使って作りましたが、サツマイモの美味しいこの時期なら、蒸かして裏ごしして作っても美味しそう。

バターロールとバンズ(ヨーグルト酵母)

Dscf40082

自家製ヨーグルト酵母で焼いたロールパンレーズンとくるみのバンズです。ヨーグルト酵母も安定した発酵力を見せてくれてます。なかなか優秀な酵母です。

並んだ酵母のビン達を眺めてるのって楽しい~!・・・って、かなりオタクですか?ぶくぶく発酵してくる様子を見てると癒されますよ~。ペットと同じかな。酵母菌だって生き物なんだし・・だいぶ小さいけど・・。

クリームパン(天然酵母)

Dscf40062

教室の残りのカスタードクリームを使って、我が家のおやつ用にクリームパンを2種。奥は普通のクリームパンで、手前はコーヒーを混ぜたコーヒークリームパンです。コーヒーアイシングをかけようと思ってたけど、我が家用なのでパス。かなり気を抜いてマース。酵母はホシノ丹沢から種継ぎをしたものを使ってみました。もう5回くらい継いでいるけど、まだちゃんとホシノ丹沢らしさが残っています。

自家酵母パンいろいろ

Dscf39962

自家製梨酵母の小さい田舎パンベーグルです。同じ生地で作りました。ベーグルの方も少し仕上げ発酵させたので、ソフトな仕上がりです。今日の梨酵母は「液種」ではなく、粉と水を数回合わせて「種つぎ」した「元種」(発酵種)です。やっぱり液種で作るよりは、かなり早くできました。

Dscf40012

こちらは自家製ヨーグルト酵母(元種)を使った食パンです。パウンド型を使って小さめに作ってみました。しっとりソフトに焼き上がったのは、4%入れたショートニングのおかげでしょうか。

山型食パン(梨酵母)

Dscf39742

今日は、自家製 梨酵母の液種をそのまま使って山型食パンを焼きました。液種10%ほどで作ったので発酵に時間がかかってしまいましたが、一度は死んだと思った梨酵母の割には、上出来です。よくがんばったね!と酵母ちゃんを褒めてあげたいわ~。

カルツォーネ&シナモンプッラ

Dscf39652

イタリアの包みピザ:カルツォーネ(左)とフィンランドのシナモンロール:シナモンプッラです。ピザやシナモンロールはもうお馴染みですが、ちょっと目先を変えてみるのも良いかと思います。

Dscf39612

お楽しみメニューのアーモンドビスコッティは堅いので飲み物に浸して食べます。

クリームパン&コルネ

Dscf39602

菓子パンの定番、クリームパンコルネです。コルネは円錐形のコルネ型に細長く伸ばしたパン生地を巻きつけて作ります。バランスよく生地を巻いていくのは慣れないと難しいものです。それでも何度かやるうちに皆さん上手に出来ていました。お楽しみメニューはロールケーキでした。

メロンパン&ピザ

Dscf39442

初級クラスでメロンパンピザを焼きました。メロンパンは皆に人気が有ります。

シナモンプッラ

Dscf39542

フィンランドのシナモンロール、シナモンプッラです。映画「かもめ食堂」で有名になりました。アメリカのシナモンロール、シナボンは甘~いけど、シナモンプッラはあっさりしています。今月のお楽しみクラスのメニューです。

フィンランドを舞台にした映画「かもめ食堂」をDVDで見ました。面白かったので、本も読んでみました。あのゆったり時間が流れている感じが良いです。主人公の自然体の生き方も素敵だし、個性的な登場人物もみんな魅力的。かもめ食堂の明るいキッチンも素敵だし、コーヒーカップや砂糖入れも欲しくなりました。そして何といっても食堂で出される食べ物が美味しそう!単純な私は見終わったとたん、おにぎりを握って食べました~。(笑)  そしてシナモンロールも・・

ポテトブレッド&ココアブレッド

Dscf39352

1斤型で焼いたポテトブレッドとカップケーキ型で焼いたココアブレッドです。どちらもフッワフワです。ポテトブレッドはジャガイモが練りこんであるので、翌日になってもとっても柔らか。ココアブレッドは生クリーム入りココア生地にチョコチップが入ったリッチなおやつパンです。

Dscf39412

こちらはお楽しみメニューのさつまプリンです。

さつまいもあんの胡麻スティック(ホシノ酵母)

Dscf39302

昨晩(いや、もう今日になってたぞ・・)焼いたさつまいもあんのごまステッィク(ホシノ丹沢酵母)です。黒胡麻を入れた生地で、さつまいもあんをサンドしてスティック状に成型しました。胡麻とさつまいもあんは当然ながらベストマッチです。

9月に入り、教室が始まったら天然酵母を焼く時間が無くなって来ました。自家酵母も放っておいたら死んでしまうので世話しなくてはいけないのですが、なかなか手が回らないよ~。

飽きずにカンパーニュ(梨酵母)

Dscf39212

梨で自家製酵母を起こしたので、まだ未完成ながらもカンパーニュにしてみました。外はカリッと、中はふんわり軽めに仕上がりました。結構発酵力がありそうです。

梨酵母は、実を美味しくいただいた後の「皮」と「芯」だけで作りました。以前同じように作った液種が1ヶ月以上も元気で、山食が焼けていたことを思い、今回も期待大!でしたが・・。   以下は梨酵母が出来るまでの経緯です。

★ 梨の「皮」と「芯」にひたひたの水と小さじ1杯の砂糖を入れて放置。今の時期は室温で良いから楽です。逆に暑すぎない場所を探すくらいです。

★ 半日ほどで泡が出てきたので、おおっ!これは早いかも!!とワクワク。

★ しかしその後おとなしくなり、泡が増えるどころか消えてしまうくらいに・・

★ 泣かず飛ばず(?)状態のまま、丸2日経過。途中数回まぜまぜしましたけど変わらず。

★ もう酵母が死んじゃったのかも・・と思いながらも、嫌な臭いもしないし、ダメモトで(なんせ「皮」と「芯」ですから惜しげ無いし・・)砂糖を小さじ1杯入れてみました。(砂糖は酵母のエサです)

★ するとまた半日ほどで泡が出てきました。泡が少ない気もするけど、味も悪くないので、液種完成!と勝手に(?)決めました。ここまでで丸3日です。やっぱり梨は早い。

以前はこの液種で直接パンを作っていたのですが、今回は粉と合わせて元種を作ってからパンにしてみました。

田舎パン(あこ酵母)

Dscf39132

あこ天然酵母を使ったカンパーニュ(田舎パン)です。手前は自分が食べたくて胡桃とサルタナレーズンを入れました。今回は北海道産のキタノカオリ(強力粉)を使ったのですが、とっても良い香りで、焼き上がりは特に、顔を埋めていたい(笑)くらいでした。

バターシナモントースト・・ちょっとカフェ風?

Dscf39172

あこ天然酵母で焼いたプルマンブレッドを、ちょっとカフェ風トースト(?)にしました。サイコロ状にカットしたバタートーストに、ホイップクリームとシナモンシュガーを振ってるだけなのですが、美味しいですよ~。実はコレが食べたくてプルマンを焼いたんです。

レーズンツイスト&オニオンベーコン

Dscf39032

レーズンツイストは食パン型を使って焼いています。レーズンがたっぷりです。オニオンベーコンは名前のとおり、たまねぎとベーコンの入った生地を小さな食パン型で焼きました。ミニ食パン可愛い~・・と好評です。

Dscf39092

お楽しみメニューは、なぜかうどんです。パンとうどんなんて、どういう組み合わせ??・・・と思われそうですが、良いんです。良いんです。美味しいんですから。

動物パン&セサミバンズ

Dscf38872

小さなお子さんを持つお母さんばかりのクラスなので、ちょっと可愛く動物パンを作ってみました。子供たちがもう少し大きくなったら、ぜひお子さんと一緒に作ってあげて欲しいです。セサミバンズはサラダをサンドしていただきました。今日は胡麻をたっぷり摂れました~。

Dscf38952

グズグズの5重奏が聞こえてたと思ったら、いつの間にか全員寝ていました。みんな大きくなってきたので、座布団ではサイズが足りなくなっています。寝ている姿は一段と可愛いですねぇ。

クリームチーズとクランベリーのバトン(自家製酵母)

Dscf38852

教室メニューのクリームチーズとクランベリーのバトン自家製ヨーグルト酵母で作りました。砂糖は入っていないけど甘みがあって、チーズやクランベリーのほのかな酸味が天然酵母とよく合っています。フワッフワッのパンも美味しいけど、じっくりかみ締めて味わうパンもやっぱり良いもんです。

ハムロール&マヨネーズパン

Dscf38762

今日は小さなお子さんのいるママたちのクラス。“おはようございま~す!”と皆そろったところです。ベビーカーがずらりと並んで可愛いわ~

Dscf38792

子供たちの協力の下、出来上がったパンはこちらです。↑  ハムロールマヨネーズパンです。子供たちと一緒に試食できました。

カンパーニュ(自家製酵母)

Dscf38562

ヨーグルト酵母を起こしたので、カンパーニュを焼いてみました。まだ酵母が不安定なので、もう少し繋いでいった方が良いのでしょうが、種が増えすぎちゃうので少しずつ使っていくことにします。いくつかの問題点はあるものの、順調に発酵し、お味も良いのが嬉しいです。国産のお粉に天然塩を入れただけの配合なのに甘みがあって、粉の味を楽しめます。種作りに使ったヨーグルトは、量も少ないし、存在をあんまり感じません。

ヨーグルト酵母は今回はじめて作りました。レーズン酵母と同じくらい簡単だと聞いていたのですが、確かに順調に出来ました。我が家はヨーグルトが残ることが多いので、(っていうか作りすぎるのかな・・)ヨーグルト酵母はいつでも作れて良いかも。といっても、種をうまく繋げることができれば、酵母起こしからやる必要は無いのですが・・。冷蔵庫にはあこ酵母とホシノ丹沢酵母もまだ健在。そこにヨーグルト酵母も加わったので、頑張って焼かないと消化しきれません。頑張るぞ~!!(平気かな??)

« 2007年8月 | トップページ | 2007年10月 »