« 2005年7月 | トップページ | 2005年9月 »

カレーパン

Img_1613-2

揚げカレーパンを作るのは久しぶり。残りのカレーを包んで焼きカレーパンは、時々するんだけど。

今日は、トマトの酸味が爽やかな『とまとカレー』をつくって包みました。揚げパンはカロリーが気になるけど(今さら?)美味し~い!

ラスク用(?)ハードロール

Img_1606-2

小さいフランスパン。クッペ型に成型したハードロールです。娘からラスクが食べたいと、リクエストが出ています。フランスパンだと言うと、『じゃあ、ラスクにしよう』ですって。確かに、食パンでもラスクは出来るけど、フランスパンで作ったラスクは美味しいからね。でも、とりあえず其のままを味わって欲しいんだけどなぁ。

スフレ・オ・マロン

Img_1592-2

マロンスフレではなく、スフレ生地を使った栗のロールケーキです。スフレ生地の作り方を教えてもらったので早速復習。上手く出来たと思ったけど、写真で見ると膨らみが足りないかな。 スポンジ生地の作り方で、配合の違いや別立て共立ての違いはあるけど、この生地の作り方は面白いです。バターで小麦粉を炒め、アルファー化させてから卵を加えます。更に湯煎焼きをするので、きめの細かい、しっとりして弾力のあるスポンジになります。

ルバン種のカンパーニュ2種

Img_1575-2

『ホシノ・ルバン』のカンパーニュです。前回作った材料がそのままあったので、同じようにくるみとレーズンとドライフィグを入れて焼きました。右は、フィリングを入れずにシンペル型で発酵させたカンパーニュです。

全粒粉やライ麦粉の入った生地なのに水分量が70%近く入っていて、油脂は入っていないので、手にべたべたとくっついて扱い難い生地でした。

かぼちゃのおやつ

Img_1566-2

スイートポテトならぬスイートパンプキンです。あんまり美味しそうな写真じゃないけど、家族皆大好きです。かぼちゃ好きの娘が幼稚園の頃には、お弁当にもよく持たせました。そんな時は、砂糖やバターをグッと控えて作ります。

ピザ・マルゲリータ&グレープフルーツゼリー

Img_1541-2

イタリアのマルゲリータ王妃にちなんで、イタリアの国旗のカラー、赤(トマト)白(モッツァレラ)緑(バジル)を使った、ピザ・マルゲリータです。今日はフライパンピザならぬ、ホットプレートピザにしました。

Img_1550-2

夫の晩酌のサワー用に買ってあったグレープフルーツを使っちゃいました。今日のグレープフルーツゼリーは、アガー使用。

菓子パン

Img_1537-2

一つの菓子パン生地でシナモンロールレーズンバンズ豆パンを焼きました。教室の時にちょっとだけ残った材料を、捨てるのは勿体無いので冷凍室に放り込んでおく事がしばしば。今日はそんな中からストロイゼル(クッキーそぼろ)と甘納豆類を使いました。ちょっとだけ冷蔵庫整理が出来て良かった。

まめ蒸しパン

Img_1528-2

まめ蒸しパンといいます。抹茶風味の生地に赤えんどう豆と大納言、それにお餅が入っていて、色々な味と食感が楽しめるところが気に入ってます。

簡単ナン

Img_1522-2

トマトと挽肉のカレーを作ったので、ナンを焼きました。食事の用意を始めてから捏ね始めても間に合う『簡単ナン』です。イースト発酵なしで、ホットプレートで焼きました。

朝食はパン、昼食は手打ちうどん、そして夕食にナン。我が家は小麦粉の消費量が多いなぁ。

モカロール

Img_1505-2

モカロールです。コーヒー風味のスポンジに、同じくコーヒー風味のホイップクリームと、くるみのプラリネをロールしています。ほろ苦い大人向けロールケーキになりました。プラリネは、多めに作って冷凍しておこうと思ったのに、つまんで食べてしまって、ほとんど無くなりました。確か、前回作った時もそうだった・・・。

ホシノ・ルバンでプルマンブレッド

Img_1502-2

昨日と同じ『ホシノ・ルバン』を使って、プルマンブレッドを焼きました。ちょっと生地量が多かったので、型いっぱいになってしまいました。

天然酵母である『ホシノ・ルバン』で中種を起こし、本捏ねではイーストを少量使用しています。天然酵母とイーストを併用するのは邪道のようですが、もともと『ホシノ・ルバン』は、そういう使い方を想定した商品のようです。(パン屋さん向けに。)

肝心の食味の方ですが、いわゆる「天然酵母らしさ」はありませんが、確かに美味しいです。日持ちも良くなるということなので、少し置いて様子を見ましょう。(残ってるかなぁ?)

ホシノ・ルバンのカンパーニュ

Img_1491-2

ホシノ天然酵母の新製品『ホシノ・ルバン』で、全粒粉種を起こし、ライ麦も入れて、クルミとレーズンとドライフィグ(いちじく)のカンパーニュを焼きました。フィリングがタップリ入ってるのでずっしりしてます。ドライフィグのプチプチとした食感もいい感じです。レシピは「パン工房風見鶏」さんの物を参考にさせてもらいました。

『ホシノ・ルバン』は、業務用の商品なのですが、試供品が手に入ったので、試してみました。生種起こしに20時間、全粒粉種の発酵に15時間かかりますが、本捏ねからは4時間ほどで出来そうです。(今日は、生地温度を低くしすぎたらしく、6時間近くかかりましたが・・・)

杏仁豆腐

Img_1483-2

牛乳が余り気味だったので、今日のデザートは杏仁豆腐に。・・でもこれ、家族はあんまり食べないんです。私が人の分までいただきまーす!

パンプキンパイ

Img_1479-2

パンプキンパイを久しぶりに焼きました。子供がまだ小さかった頃は、近所のバザーに良く出しました。ケーキ屋で買ったのより美味しい!とおだてられ、すっかり気をよくして何枚も焼いたものです。今日は手を抜いて冷凍パイシートを使っています。手作りのパイやタルトだともっと美味しいんだけど。

あんみつ

Img_1456-2

寒天ブームですね。スーパーでは、粉寒天も棒寒天も姿を消しました。いつも行く製菓材料のお店に、糸寒天だけありました。なので、今日の寒天は糸寒天使用。

あんみつ大好き。(本当はクリームあんみつが良かったんだけど・・・。)昔は良くあんみつ食べに行ったなぁ。新宿の、確か『甘党本陣』っていうお店。今でもあるかしら?蜜は、断然黒蜜。その頃は、赤えんどう豆は不要!と思ってたけど、今はお豆の塩気が美味しいと思う。大人に(?)なったのかしら。でも、今日の赤えんどう豆は、塩が効きすぎたみたい。もう少し控えれば良かった・・。

ココアブレッド

Img_1443-2

ココアブレッドです。ココアの生地にチョコチップが入っています。トッピングはあられ糖とグラニュー糖、成型も2種類してみました。チョコ好きの娘がいるので、こういうパンは、すぐに無くなります。

メロンパン&オニオンチーズブレッド

Img_1441-2

今日は友人を訪ねるので、昼食に一緒に食べようと、朝からパン作り。

メロンパンは、今日はチョコチップ入りです。オニオンチーズブレッドは、ハムやチーズを巻き込んであります。

桃酵母の山食

Img_1429-2

先日の桃酵母で、もう一度山食を作ってみました。今回はいい感じ。1次発酵は7時間ほど。仕上げ発酵も2時間ちょっとで上がってきました。桃酵母は、なんせ皮と種だけ(しかも1個分)で作ったので、ほんの少ししか出来てなくて、今日で使い切ってしまいました。最後に美味しいパンが焼けて良かった!

親子パン教室・その2

Img_1416-2

今日も可愛い動物パンが出来ました。動物の顔を作ったり、ピザにトッピングを並べる時 の子供たちの(お母さんも?)真剣な表情がとっても可愛かったです。

親子パン教室・その1

Img_1402-2

動物パンピザを焼きました。それぞれに可愛い表情の動物パンが出来ています。

イングリッシュマフィンとゼリー

Img_1399-2

Img_1389-2

イングリッシュマフィンを明日の朝食用に焼きました。ビネガーが入っているので、デレ~として頼りない生地です。マフィンリングを使って、上下を鉄板でサンドして焼きます。周りに付いているのはコーングリッツです。

ゼリーの方は、缶詰のフルーツを使って作ったもの。何と言うこともないゼリーですが、家族には結構好まれます。このところ暑いので、冷蔵庫の中のゼリー類は、ほとんど欠かすことなく作っています。

ポルボローネ

Img_1367-2

口に入れるとホロリと崩れるポルボローネです。このホロリがいいんだけど、ちょっとの事で崩れてしまうのが困り物。そっと持って出かけたのに、人ごみで少し当たっただけで幾つかが割れてしまいました。

※H.P.《パンを焼きましょ》http://homepage2.nifty.com/white7/pan/ 9月の教室日程(体験レッスン)を更新しました。

ピザ

Img_1363-2

今日の昼食はピザ

サブマリン

Img_1353-2

あれっ!明日のパンが無い!・・・夕方になって気づく。今からじゃ天然酵母パンは間に合わないので、イーストで焼くとして・・さて何を焼こうかな?サンドイッチが食べたいので、バンズかイングリッシュマフィンか、ベーグルはやったばかりだし・・プルマンも食べたいけど、変り映えないしなぁ。・・・なんて、時間ばかり経ってしまって、結局夜になってゴソゴソ焼いたサブマリンです。

わらび餅&紅茶クッキー

Img_1348-2

Img_1343-2

夏になると登場するわらび餅です。(今年は、まだ2回目ですが。)今日は黒蜜と青大豆のきな粉をかけていただきました。この「ツルン」と「モッチリ」が好きだなぁ。作り立てが美味しいので、氷水で冷やしたら、すぐにいただきます。冷蔵庫で冷やすと透明感が無くなり味が落ちるんですよね。紅茶のクッキーはアールグレイの茶葉を混ぜ込んだお馴染みのクッキーです。

友人の訪問があって、慌てて作ったのですが、どちらも簡単なお菓子です。たまには手の込んだ物を作って『あらっステキ!』と言われたいものですが、短時間に結果を求める癖があって・・・。(その割に天然酵母は根気が続いてるなぁ。単なる言い訳か?)それに比べ、友人の作ってきてくれたパウンドケーキはなんと美しく、美味しい事か。・・・ちょっと反省してます。

ガレットココ

Img_1340-2

アーモンドとココナッツのチュイルです。生地はあっという間に出来るのですが、鉄板に薄く広げるのに手間取ります。油脂は全く入らなくて、ナッツがタップリ、・・・なんか体にも良さそうです。

« 2005年7月 | トップページ | 2005年9月 »